可部線関連コンテンツ

可部線各駅とその周辺
可部線の資料 (可部線の時刻表,可部線の歴史,リンク)
付録
お問い合わせ
「可部線プロジェクト」とは?

Homeへもどる


 今年(2017年)も「カープ坊や」が走る!

 2017年9月18日にプロ野球「広島東洋カープ」が,セントラル・リーグで2年連続の優勝をしました。昨年と同じように,広島周辺で運転されている227系車両の種別表示部分に,広島東洋カープのキャラクタ「カープ坊や」が表示されました。

昨年とは違って,今年は行き先表示が「可部」ではなく「あき亀山」になっていますね。

2017年9月25日まで,表示されていたようです(9月26日から,通常の表示になっていました)。

 2017年3月4日「可部」−「あき亀山」延伸開業!

 2017年3月4日に,あき亀山駅までの延伸区間が開業し,1番列車が5:08に発車しました。その後8:40に,あき亀山駅ホーム上で,出発式がおこなわれました。

 その後,9:30から駅前広場にて,開業記念式典がおこなわれました。関係者のスピーチ等がおこなわれた後の10:30ころに,テープカットならびにくす玉の開披がおこなわれました。

「可部」行きは過去の光景となり,今日から「あき亀山」行きが,日常の光景となります。

 可部線延伸前夜,さいごの「可部」行き

 いよいよ明日から,可部線の終点が「あき亀山」駅になります。そのため「可部」行きの列車が見られるのは,今日かぎり。長く見てきたこの行き先表示も,ふだんは見られない「レア幕」になります(2017年3月3日撮影)。

 23時50分頃の,横川駅。駅での「可部」行き案内を見るのも,これがさいごの機会に(2017年3月3日撮影)。

 さいごの「可部」行き列車。明日からは,「あき亀山」行きに(2017年3月3日撮影)。

 下祗園駅での案内表示では,さいごの「可部」行きがなぜか白紙表示に。また,本来は2両編成の列車が今日は4両編成のためか,編成案内が「0両」になっていました。(2017年3月3日撮影)。

 可部線の延伸開業〜試運転の状況

 開業予定は,2017年3月4日(2017年2月28日撮影)。

 「広島)延伸区間で試運転開始 JR可部線」(朝日新聞DIGITAL 2016.12.24)
可部線延伸予定区間(可部−あき亀山)での試運転が,2016年12月23日よりはじまりました。
(http://www.asahi.com/articles/ASJDR3GQNJDRPITB003.html)

 踏切に,12月23日から列車が通過することが示されています(2017年2月28日撮影)。

 試運転列車には「試運転」と表示されています(2017年2月28日撮影)。

 「可部線電化延伸区間における新駅の駅名について」(西日本旅客鉄道株式会社 2016.07.08)
可部線延伸予定区間に設置される,新駅の名称が決定しました。終点の駅が「あき亀山」,中間の駅が「河戸帆待川」です。「あき亀山」駅の「あき」が漢字表記でないのは,以前に存在した「安芸亀山」駅との混同をさけるためでしょう。
(https://www.westjr.co.jp/press/article/2016/07/page_8915.html)

 「あき亀山」という表記になりました(2017年2月28日撮影)。

 安芸長束駅,下祗園駅に,LED式案内表示が設置されました。

 2017年2月13日から,下祗園駅でLED式の案内表示器が使われはじめました(2017年3月3日撮影)。

 安芸長束駅にも,同様のものが設置されているのを確認(2017年3月3日撮影)。

 227系に「カープ坊や」が表示されました。

 2016年9月10日に,プロ野球「広島東洋カープ」が,25年ぶりにセントラル・リーグで優勝しました。この直後から,広島周辺で運転されている227系車両の種別表示部分に,広島東洋カープのキャラクタ「カープ坊や」が表示されています。

 正面だけでなく,側面も同様に表示されています。

... more


このサイトで公開する画像および文章の著作権は,作者にあります。
これらを無断で使用することを禁止します。

Home